身近な病気|下肢静脈瘤は手術で治せる|足にまつわる病
女性

下肢静脈瘤は手術で治せる|足にまつわる病

身近な病気

カウンセリング

新しい治療法も

日本では2人に1人はがんにかかる時代になり、がんは身近な病気になっています。がん治療においては、治療法が進歩し、これまでには考えられなかった新しい治療が成果を挙げています。医療機器の進歩では、内視鏡や腹腔鏡による手術が普及してきています。大きく切開しなくても済み、出血も少ないので、患者への負担も少ない方法です。これにより入院期間の短縮や医療費の抑制も図られています。抗がん剤の投与にも大きな進歩が見られます。携帯型の抗がん剤投与が可能になり、普段通りの生活をしながら投薬が可能になっています。持ち帰りのポンプ型タイプなので、ベットに座っている必要がなく、バイクなどで移動しながらでも投薬できる画期的な方法です。

患者本意の治療

がん治療では、生活の質を落とさずに治療することが重要視されてきています。患者のクオリティ・オブ・ライフを大切にしながら治療のプランニングが行われるようになっているのです。がんを切除して、とにかく命を長らえればよいという考えではなく、患者の前向きな自分らしい生活のために、どのような治療が最適なのかを考える治療です。がんの切除に際しては、温存の可能性も含めて検討し、切除して再建すればよいと言う考えは改められています。がん治療の治療中や術後のケアにも力を入れており、クオリティ・オブ・ライフを低下させない努力が医療の現場で行われているのです。がん治療では、放射線治療の精度も上がっており、ピンポイントでがんがねらえるようになっています。