医者

下肢静脈瘤は手術で治せる|足にまつわる病

記事一覧

身近な病気

カウンセリング

ガン治療の技術は年々と進化しており、内視鏡検査などで患者にかかる負担が減ってきています。また、手術をしても生活の質を落とさないように考えられており、様々な側面から患者にとって相応しい治療方法が提案されています。

急病時の味方

女性

浦安市内には多くの病院がありますが、夜間診療を行ってくれる病院の数は限られています。ですから、浦安市役所などに問い合わせをして、事前にどの病院で夜間診療が行われているのかを、調べておくようにしましょう。

体の不調が続いたとき

看護師

自律神経失調症は人によって症状が異なる点が特徴です。もし自律神経失調症の疑いにある場合は内科に行くといいでしょう。体の様々な不調を自分自身で治すことは、時間も労力もかかるので早めに専門の医療機関を受診して治療を開始することが大切です。

足の血液が逆流する病気

病棟

運動不足に気を付ける

下肢静脈瘤は、静脈にある血液の逆流を防ぐための弁が壊れる病気です。この病気は、足の血液が心臓へ戻らずに逆流を起こし、足にたまることで血管が拡張する症状がおきます。血管が拡張することで表面にボコボコと血管が盛り上がり、見た目で目立つのが特徴です。下肢静脈瘤は徐々に症状が進行していくので、注意が必要です。足のむくみや痛みなどの症状もでるため、症状が軽いうちに治療を始める必要があります。下肢静脈瘤は立ち仕事が多い人に発症しやすいため、足を休ませるなど気を付けることが大切です。女性の患者が多いのも特徴で妊娠や分娩の際に発症することもあります。運動不足の人は足の筋肉の力が弱く、血液を押し戻す力も不足しているため、下肢静脈瘤になりやすいので注意が必要です。

確実に治療ができる

下肢静脈瘤の治療には、弾性ストッキングによって足を圧迫して血液の循環を助ける圧迫療法や、注射によって血管を縮める硬化療法などがあります。弾性ストッキングを使った治療は、原因をなくす根本的な解決にはならないため、手術による治療が人気があります。手術には、静脈の血管を縛ることで、血液の逆流を防ぐ静脈結紮術や壊れた静脈を引き抜くストリッピング手術などがあります。手術を行えば、確実に下肢静脈瘤を治すことができるのが人気の理由です。日帰りで下肢静脈瘤の手術ができる病院もあり、入院の必要がなく仕事などに影響が出ないため、人気があります。レーザーやラジオ波を照射して血管を閉塞させる治療方法もあり、傷跡が残らないのが人気の理由です。